株式会社ラーニングウェイ
     株式会社ラーニングウェイ
お問い合わせ | サイトマップ

プロセスマネジメント

 個人や組織の『強み』を生かすアプローチにより、現場に相互作用と活気を生み出し、
           メンバーと仮説検証を繰り返し、チャレンジングな目標に向かって確実に成果を上げ続ける
           『マネジメント』。



職場で聞こえるこんな声にお応えします

管理者のトップダウンや、率先垂範・叱咤激励、危機意識の醸成といった『プレッシャー・マネジメント』だけでは継続的な成果を上げづらくなってきている

  • マネージャーの役割・マネジメントの基本を理解して欲しい
  • 管理者・リーダーのマネジメント・スタイルを変革して欲しい
  • メンバーの士気を高め、力を引き出し、一人ひとりの業績を高める指導をして欲しい
  • 目標達成に向けて、優先順位が明確なマネジメントをして欲しい
  • メンバーの参画を図り、職場のコミュニケーションを高めて欲しい
  • 管理者・リーダーの固定的な枠組み・因習・思い込みを打破して欲しい


プロセスマネジメントのポイント

日常の業務の中で、『成功の循環』を回す

  • 業績は、メンバーの行動のあり方に大きく影響されます
  • しかし、生み出した結果と、メンバーの行動にフォーカスしたマネジメントだけでは、より高い成果は生み出しづらいものです
  • 高い業績を生み出す管理者は、行動の背景にあるメンバーの思考や態度を主体的で、探求的なものにすることで、行動を高めます
  • そして、その思考を高めるために、管理者とメンバーの関係やメンバー間の関係をオープンで、相互作用の高いものに変えていきます
  • プロセスマネジメントでは、日常の業務において、この関係の質と、思考の質を高めることで、高い行動の質と結果の質を導き出します


学習内容

  • マネジメントの基本となるPlan-Do-Seeのプロセスを適切に回すことにより、メンバーの成果・業績を確実に高めると同時に、メンバーのモチベーション・能力の向上を図る方法を身につけます


研修の学習プロセス




プログラムの特徴

先行・遅効指標を明らかにし、確実なマネジメントを実現

  • 結果としての業績だけを見て、マネジメントしているのでは、成果・業績を上げるために打つ手が後手となってしまいます。確実に目標を達成するために、結果の指標(遅効指標)に影響を与える要因(先行指標)にはどのようなものがあるのかをメンバーとともに考え、明らかにすることが重要です


主体的な意志を引き出すポジティブなインタビューを実践

  • 実現したい未来のイメージと、それを可能にするための意志は、メンバーから主体的に生み出されるものです。ポジティブな質問をベースとしたインタビューを実践することにより、一人ひとりの意志や想いを肯定的に受け入れ、組織としての方向性を生み出していきます

成功を確実にするシナリオプランニング

  • 成功を確実にするためには、遭遇する機会や脅威を見通しづけ、あらかじめ手を打っていくことが重要です。シナリオを描くことにより、プランの成功・阻害要因を顕在化させ、未来の確実性を高めます